【お知らせ】「ネグロスからの手紙 第6回 殺された126人の先住民族」『世界』6月号

『世界』2020年12月号から始まった連載「ネグロスからの手紙」が第6回を迎えました。今回は、先住民族への人権侵害の話です。

 今月号をもって、「ネグロスからの手紙」の連載は一旦終了します。今後は、3か月ごとの掲載が予定されています。

 今回クラリッサさんは、先住民族コミュニティでの体験から、「開発」の名のものとに何が起こっているのか、政治家や企業の利益を守るために司法がいかに歪められているのかについて伝えています。

 クラリッサさんへのメッセージを岩波書店編集部にお寄せください。

あなたは知っていますか?

日本に送られてくるバナナの生産者たちが
私たちのために1日16時間も働いていることを

詳しく見る

最新情報をチェックしよう!
>ひとりの微力が大きな力になる。

ひとりの微力が大きな力になる。


一人ひとりの力は小さいかもしれないけれど、
たくさんの力が集まればきっと世界は変えられる。
あなたも世界を変える一員として
私たちに力を貸していただけないでしょうか?

Painting:Maria Sol Taule, Human Rights Lawyer and Visual Artist

寄付する