CATEGORY

おはよう! フィリピン NEWS

    • 2021年12月8日
    • 2021年12月8日

    ファーマリー社幹部への追及を強める
    ブルーリボン委員会 財務諸表はどこだ?

    【8日=東京】ファーマリー社が関与するとされる新型コロナ対策費に関する汚職解明を進める上院ブルーリボン委員会は、拘束したファーマリー社上層部への追及を強めると同時に、決定的な証拠となり得るファーマリー社の財務諸表関連資料を追っている。 ― 協力を拒否 […]

    • 2021年12月5日
    • 2021年12月5日

    NPA司令官ジョヴェン・セラルヴォ、また殺された?

    【6日=東京】2021年12月3日、国軍マリオン・シソン准将は、12月1日にパナイ島イロイロ州で実行した作戦で「NPA」16人を殺害し、うち一人は、パナイ島の共産党地域委員会の第二副長官で司令官でもあるジョヴェン・セラルヴォであると報告。だが2019 […]

    • 2021年12月4日
    • 2021年12月4日

    【コラム】「慰安婦」サバイバー、ロラ・ヒラリアのこと

    福田美智子(パマナ・リン・タヨ:Pamana Rin Tayo) ― 路上でもシェルターでも、日々活動を続けたロラ  マニラ首都圏ケソン市に、慰安婦サバイバーの団体「リラ・ピリピーナ」の活動拠点「ロラズセンター」があります。ここはサバイバーであるロラ […]

    • 2021年12月3日
    • 2021年12月3日

    【今週の「気になる」見出し】

    毎週金曜日は、今週のフィリピンの各メディアで報道された記事の中から、注目すべき「気になる」記事の見出しとリンクをご紹介します。 【Bulatlat】 In trickles, justice wins vs badly issued warrants […]

    • 2021年12月1日
    • 2021年12月1日

    看護師の声を議会へ

    【1日=東京】政治に振り回されながら、爆発的に感染が拡大した新型コロナウィルスへの対応において英雄的な活躍をしたフィリピンの看護師たち。議会に直接声を届けるために、いま、新たな政党を作って来年の選挙に臨む。 ― 看護師の声を届けるために、看護師を議員 […]

    • 2021年11月28日
    • 2021年11月28日

    ドゥテルテ政権、ICCのフィリピンへの管轄権を認め、結果ICCの追究から解放?

    【東京=29日】2021年11月10日、ドゥテルテ政権は国際刑事裁判所(ICC)に対し、ドラッグ戦争に関する捜査の延期を要請した。これまで頑なに「フィリピンにICCの管轄権は及ばない」と主張してきたドゥテルテ政権が、ICCの管轄権を認めた格好だ。だが […]

    • 2021年11月26日
    • 2021年11月26日

    【今週の「気になる」見出し】

    毎週金曜日は、今週のフィリピンの各メディアで報道された記事の中から、注目すべき「気になる」記事の見出しとリンクをご紹介します。 【ABS-CBN】 The uncertain future facing Malakag town, Mindanao’ […]

    • 2021年11月24日
    • 2021年11月24日

    佳境を迎える「ボンボン」マルコスの
    立候補資格をめぐる攻防

    【14日=東京】ドゥテルテ大統領の長女サラ・ドゥテルテ ダバオ市長が、フェルディナンド・マルコス・ジュニア(以下、「ボンボン」マルコス)大統領候補のパートナーとして副大統領選へ出馬することを明確に表明してから1週間が経過した。負のイメージからの解放を […]

    • 2021年11月22日
    • 2021年11月22日

    【お知らせ】フィリピン・アブラ州の大型台風18号コンパス(フィリピン名マリン)被災農民のためのシードバンク設立基金への募金のお願い

    加川 真美(アジアなりわいネット代表)asialivelihood.net@gmail.com  台風コンパス(フィリピン名マリン)は、2021年の10月11日、12日と2日間に渡りフィリピン北部を襲い、現地の人々の生活基盤を奪い去りました。2日間で […]

    • 2021年11月20日
    • 2021年11月20日

    【コラム】フィリピンで「闘う」人びとの人権状況と私たちとのつながり~鉱山開発の事例

    波多江 秀枝(国際環境NGO FoE Japan) 「ノーベル平和賞をフィリピン人が受賞」――ドゥテルテ政権下における「報道の自由」に目を向けた今年10月のこの一見喜ばしいニュースは、裏を返せば、フィリピンでこれまで「表現の自由」や「生きる権利」など […]

    >ひとりの微力が大きな力になる。

    ひとりの微力が大きな力になる。


    一人ひとりの力は小さいかもしれないけれど、
    たくさんの力が集まればきっと世界は変えられる。
    あなたも世界を変える一員として
    私たちに力を貸していただけないでしょうか?

    Painting:Maria Sol Taule, Human Rights Lawyer and Visual Artist

    寄付する(白)