【お知らせ】「ネグロスからの手紙 第1回友の亡骸は雨に打たれていた」『世界』12月号

【写真】「ネグロスからの手紙 第1回友の亡骸は雨に打たれていた」『世界』2020年12月号

 『世界』2020年12月号より、「ネグロスからの手紙」の連載が始まった。

 2019年5月に、SACが企画したスピーキングツアーのために来日するはずだったクラリンからの渾身のメッセージ。

 ドラッグ撲滅、テロとの戦い、コロナとの闘いという言葉を隠れ蓑に何が起こっているのか。 自由に発言できる社会、誰もが大切にされる社会を求めて声を上げ続けた多くの人びと、友人が殺され、投獄されている。

 クラリンからの手紙を、ぜひ、読んで欲しい。

あなたは知っていますか?

日本に送られてくるバナナの生産者たちが
私たちのために1日16時間も働いていることを

詳しく見る

最新情報をチェックしよう!
>ひとりの微力が大きな力になる。

ひとりの微力が大きな力になる。


一人ひとりの力は小さいかもしれないけれど、
たくさんの力が集まればきっと世界は変えられる。
あなたも世界を変える一員として
私たちに力を貸していただけないでしょうか?

Painting:Maria Sol Taule, Human Rights Lawyer and Visual Artist

寄付する