TAG

大統領選

    • 2021年10月17日
    • 2021年10月17日

    【解説記事】ドゥテルテ政権の支持率がずっと「高い」のはなぜか(補論)

    横山正樹(フェリス女学院大学名誉教授)  ドゥテルテ政権は超法規的殺害(EJK)や対中国弱腰外交などの批判を国内外から受け続けてきた。ところがすでに2回連載の「ドゥテルテ政権の支持率がずっと『高い』のはなぜか」でみてきたように、世論調査の支持率にはあ […]

    • 2021年10月6日
    • 2021年10月6日

    ドゥテルテ、政治家引退か!?

    【6日=東京】10月3日、それまでPDP-Laban党から副大統領として立候補を表明していたドゥテルテ大統領は、立候補受付け会場にボン・ゴー上院議員とともに現れ、副大統領候補として立候補することを取りやめ、さらに、政治家としても引退することを表明した […]

    • 2021年9月27日
    • 2021年9月27日

    【解説記事】ドゥテルテ政権の支持率がずっと「高い」のはなぜか(2)

    横山正樹(フェリス女学院大学名誉教授)  1986年政変後35年間の6代の政権を比較しても、ドゥテルテ政権の満足度は非常に高いことを前回末尾で示した。フィリピンに限らず、満足度や支持率は政権末期に大きく低下するのがよくあるパターンだ。そうなると「死に […]

    • 2021年9月18日
    • 2021年9月21日

    【解説記事】全2回連載 ドゥテルテ政権の支持率がずっと「高い」のはなぜか(1)

    横山正樹(フェリス女学院大学名誉教授)  次期大統領選挙まであと8か月。フィリピン憲法は大統領の任期を1期6年に限り、再選を禁じている。任期満了が迫り、政治の世界は選挙モードに入った。もはや現大統領の存在感は低下するのが常だが、今回はそうなりそうにな […]

    • 2021年8月11日
    • 2021年8月11日

    ドゥテルテ大統領の最大の対抗馬?次期大統領選挙 英雄パッキャオの動向に注目

    【10日=東京】ドゥテルテ大統領の任期が既に一年を切り、次の大統領選挙に向けた動きが活発化している。8階級制覇の元最強ボクサーで現上院議員、そして、最近はドゥテルテ大統領の最大のライバルとも言われるマニー・パッキャオ議員が、大統領選挙に向けた攻防を活 […]

    • 2021年7月22日
    • 2021年7月21日

    映画でたどるドゥテルテ政権の5年

    【22日=東京】来年の大統領選に向けて2016年にスタートしたドゥテルテ政権を総括する報道が目立っている。独立系メディアのラップラーは20日、「ドゥテルテ政権下の映画の5年間」と題した記事をリリースした。違法薬物撲滅戦争(ドラッグ・ウォー)に伴う超法 […]

    • 2021年7月21日
    • 2021年7月21日

    「訴えられたくないから」 ドゥテルテ大統領が副大統領選への出馬に意欲 

    【21日=東京】ドゥテルテ大統領は17日、ルソン島パンパンガ州クラーク・フリーポート・ゾーンのロイス・ホテル&カジノで開催された与党PDPラバンの全国大会で演説し、「法律では、大統領や副大統領であれば、免責される。そうであれば、私は副大統領として出馬 […]

    • 2021年6月29日
    • 2021年7月31日

    ドゥテルテ大統領の選挙参謀、今度は財務省のコンサルに

    【29日=東京】2016年の大統領選でドゥテルテ氏のSNS戦略を担当したニカノール・ガブナダ・ジュニア氏が、財務省の広報戦略のコンサルタントとして雇用されることがわかった。フェイスブックにドゥテルテ大統領を支持する大量の偽アカウントを作成され、フェイ […]

    >ひとりの微力が大きな力になる。

    ひとりの微力が大きな力になる。


    一人ひとりの力は小さいかもしれないけれど、
    たくさんの力が集まればきっと世界は変えられる。
    あなたも世界を変える一員として
    私たちに力を貸していただけないでしょうか?

    Painting:Maria Sol Taule, Human Rights Lawyer and Visual Artist

    寄付する