TAG

コラム

    • 2021年9月25日
    • 2021年9月27日

    【コラム】「慰安婦」サバイバー
    ~ロラたちの闘いは続く~

    パマナ・リン・タヨ(Pamana Rin Tayo)福田美智子 ― 名乗り出から30年近く経っても  フィリピンの多くの人権活動家らと同様に、私が活動を共にしている日本軍「慰安婦」サバイバーの団体リラ・ピリピーナも困難な状況にあります。今回は、ドゥテ […]

    • 2021年9月4日
    • 2021年9月21日

    【コラム】カルバリヨ 西ネグロス州農村の草の根民衆の演劇を通した抵抗

    平井 朗  フィリピン西ネグロス州ラカルロータ市バランガイ・ラグランハを中心とする、セント・ヴィンセント・フェレール(SVF)小教区では毎年イースター聖週間のグッドフライデーに、少々ユニークなキリスト受難劇「カルバリヨ(Kalbaryo)」が行なわれ […]

    • 2021年8月23日
    • 2021年8月27日

    【コラム】海外労働者からの送金依存が増大するなか、ワクチン接種証明書無料化を州知事が要請 横山正樹 (フェリス女学院大学名誉教授)

     フィリピン国営通信社PNAは8月15日、フィリピン人海外労働者(OFW)が出国の際に持参すべき、検疫局(BOQ)の発行する”イエローカード”、つまり新型コロナウイルスワクチン接種完了を示す国際予防接種証明書は無料発給されるべ […]

    • 2021年8月21日
    • 2021年8月27日

    【コラム】ドゥテルテ政権下での不当裁判と抵抗活動 栗田英幸 (愛媛大学准教授)

    ― はじめに  フィリピン北部先住民族イゴロットの先住民族の権利確立を目的とした組織コルディレラ人民連合(CPA)とは、いつの間にか25年以上の付き合いになりました。写真のウィンデル・ボランゲットCPA代表も、最初に会った頃はちょっと暑苦しい大学生の […]

    • 2021年8月18日
    • 2021年8月27日

    【コラム】“There are still small voices that could be turned into thunder” サラの一周忌によせて

    by そら  2020年8月17日、ネグロス島のバコロド市で、人権擁護団体カラパタン・ネグロスの中心的な活動家であり、医療支援活動などにも携わっていたサラ・アルバレス(サラ)が、居宅近くの路上で銃殺されました。  2017年以降、ネグロスでは、超法規 […]

    • 2020年12月29日
    • 2021年8月27日

    【コラム】SEMPO 1 (Simultaneous Enhanced Managing of Police Operations)から2年

     2018年12月27日、日本であの事件を知った時、私は背筋が凍る思いをした。フィリピン東ネグロス州で一斉に家宅捜索が実行され、ギフルガン市などで7人が殺されたのだ。 ― 「人違いだ」、息子の声が耳から離れない  100人以上(うち約80人はギフルガ […]

    >ひとりの微力が大きな力になる。

    ひとりの微力が大きな力になる。


    一人ひとりの力は小さいかもしれないけれど、
    たくさんの力が集まればきっと世界は変えられる。
    あなたも世界を変える一員として
    私たちに力を貸していただけないでしょうか?

    Painting:Maria Sol Taule, Human Rights Lawyer and Visual Artist

    寄付する