【お知らせ】「ネグロスからの手紙 第4回 砂糖の島、農民の涙はかれず」『世界』3月号発行

【写真】クラリッサ・シングソン著「ネグロスからの手紙 第4回 砂糖の島、農民の涙はかれず」『世界』3月号

 クラリッサ・シングソン著「ネグロスからの手紙第4回 砂糖の島、農民の涙はかれず」『世界』3月号が発行されました。

 今回は、ネグロスのサトウキビ大農場で働く農場労働者たちの話です。

 マーク・アロンソン/マリナ・ブドーズ著『砂糖の社会史』(原書房、2017年)という本の中に、 「砂糖は人間の歴史に血の跡を残してきた。アフリカなどの砂糖プランテーションは残虐行為、拷問、強姦、殺人といった忌まわしい記憶に満ち、雇い主は労働者を恐怖で支配し、彼らを安く使い続け、不満を口に出させないようにした。」とありますが、今でも砂糖には、農民たちの止めどない涙がしみ込んでいるのです。

 何十年もの間、農民たちは制度に則り法的に訴えてきました。でも、治安当局だけでなく、農民の福祉向上のためにあるはずの農地改革省や司法までもが、地主などの権力者に有利なように動くのです。今回の手紙では、元農場労働者で全国砂糖労働者連盟メンバー ダニーの経験から、その実態が明らかにされます。

 私たちは、どこまで農場労働者に依存し続けるのでしょうか。

「私の家には 奴隷 家政婦がいた」

不平等に扱われるフィリピン人の意外な理由とは?

詳しく見る

最新情報をチェックしよう!
>ひとりの微力が大きな力になる。

ひとりの微力が大きな力になる。


一人ひとりの力は小さいかもしれないけれど、
たくさんの力が集まればきっと世界は変えられる。
あなたも世界を変える一員として
私たちに力を貸していただけないでしょうか?

Painting:Maria Sol Taule, Human Rights Lawyer and Visual Artist

寄付する